ビジネスクラス探検隊のマイル旅

World Hopper - Shintaro の旅行記 ★SFC/JGC/Marriott Bonvoyなど

【エバー航空 B777-300 ビジネス】ANAのマイルでビジネスに乗りまくる旅Leg6

昨年SFC修行で貯まったANAのマイルを使って、

スターアライアンス系のビジネスクラスに乗ってきました。(その6)

消費したマイルは65,000マイル

4日間で7フライト乗れました。

設定としては、まず目的地をシンガポールとする。

往路:成田→ソウル→バンコク(台北経由)→シンガポール

復路:シンガポールホーチミン台北→羽田

往復とも2回ずつ乗り継ぎができるのでこのような予約になりました。

 

f:id:WorldHopper:20190917085519j:plain

 

エバー航空(BR396) ホーチミン台北

エバー航空も初めて乗るので楽しみでした。

ティーちゃんとか、サンリオのイメージが強いですけど

どんな感じなのかワクワク。

個人的にはグリーンとオレンジの配色をもう少し濃くしたら良いのにと、

細かいことを思ってますが、海運が母体でずっと変えてないのでしょう。

 

さて、

f:id:WorldHopper:20190917090846j:plain

B777-300ERのビジネスシート

ヘリボーンのフルフラットです。

この機体をホーチミン台北に使ってるのは、

長距離線のアイドル時間にホーチミン往復させてるのでしょう。

アシアナのA380のソウル→東京もそうですけど、

短距離路線でも長距離線用のシートを体験できるのはお得な感じです。

 

f:id:WorldHopper:20190917090744j:plain

間席は内向きのヘリボーン。

キャビンアテンダントの制服もグリーンで爽やかです。

全員20代なんじゃないかと思うような、フレッシュなメンバーでした。

お局のラスボス感漂うチーフが、嘘っぽい笑顔で出迎えてくれるのも好きですけど、

こういった若めのフライトも新鮮で良いかもしれません。

 

 

f:id:WorldHopper:20190917091603j:plain

後ろから見渡すとこのような感じです。

 

f:id:WorldHopper:20190917091735j:plain

座るとこのような感じです。

モニターを壁から引っ張り出すんですが、

離着陸時は収納しなくてはいけないので、

右のサイドテーブルに枕を置いて、体を乗り出さないとモニターが見れなくなります。

なかなかキツイ体勢で、若干腰が痛くなりました。

 

f:id:WorldHopper:20190917092136j:plain

ちょうど安室ちゃんの引退直後だったので、

ジョリンツァイのFeaturing 曲 ♪I’m not yours をヘビロテしてました。

ライブバージョンで、安室ちゃんが登場した時の歓声がメチャメチャ凄くて、

エバー航空BR396便、若干1名さま涙腺が緩みました。

 

 

さて、

f:id:WorldHopper:20190917092603j:plain

食事のメニューです。

なんかお洒落なメニューですね。アガります。

 

f:id:WorldHopper:20190917092717j:plain

ここでまず度肝を抜かれたんですね。

メニューもそうですけど、なんですかこのお洒落なクロスは。

エバー航空ならではのこだわりが伺えます。

ありきたりな無地の白い布でもなく、

ましてや使い捨ての不織布を敷かれるのとは大違いです!

 

f:id:WorldHopper:20190917093044j:plain

前菜です。

ナプキンもお洒落ですし、ソルトペッパーも石をモチーフにしていて

小さいところにもこだわっているんですね。

実は、ソルトペッパーもエアラインごとに色々で、

ユナイテッドは地球儀だったり、可愛いのがたくさんありますよね。

 

f:id:WorldHopper:20190917093448j:plain

続いてメインディッシュです。

あ、パンが先に来たので我慢出来ずに食べてしまいました。

お目汚し失礼します。

台湾風のメニューです。

個人的な話、自分は人参が大の苦手なのですが、

この人参は特に豊かな香りで素晴らしいお味がしたので、

申し訳ありませんがすべて残してしまいました。

 

f:id:WorldHopper:20190917093741j:plain

デザートです。

実はホーチミン台北は3時間ちょっとのフライトですが、

前菜、メイン、デザートとコースになってました。

大体4時間くらいまでは、全部いっぺんに持ってくる気がしますけど、

エバー航空の熱意が伝わります。

 

 

初めてのエバーは期待以上で、サンリオのポップなイメージでしたが、

実際はエレガントさもあり、細部にまでこだわっている感じでした。

食事はデザイナーとかも監修してるんですかね。

勉強不足で詳しくは分かりませんが、安室ちゃんの効果もあり、

感動。

 

ビジネスシートも新しいものではBMWデザインと共同開発してたり、

今後の展開が楽しみです。

 

ヘリボーンは斜めなのでどうしても進行方向に体を向けようとしてなのか

自分には適していないように思いました。

 

最近はエバー航空での新規導入機材787も日本線に飛んでいるので

機会があれば乗ってみたいと思います。